なぜ埋まっているの?

       

除毛をしていてとても疑問に思うことがあります。
それは埋まったままなかなか生えてこない毛たちのことです。

腕やすねをよーく見てみると、皆さんも見つけることがあると思います。
毛が表皮から出てこず、先端が表皮を通して見えているもの、一方では毛が表皮の内部で伸びているのに表皮を破って外に出てこず表皮の中でくるくるになっているもの…

気持ち悪いような面白いようなという感じですよね(笑)
なぜ普通の毛のように表皮の外に出て生えてこないんだろう?普通の毛と何が違うのだろう?といつも疑問に思います。
調べてみてもなかなか答えが出てこないのですよね。いつか皮膚科の先生なんかに聞いてみたいものです。

さて、この埋まり毛は放っておいてもぽつぽつとしていて気持ちが悪いので私は暇な時間にピンセットで抜いてしまいます!
表皮は薄いのでちょっと強引にとれはひゅるりんっと取れるのがとても気持ちいいのですよね!
これ、わかる人たくさんいると思います(笑)
ハマってしまって気づいたら時間が経っていた…なんてこともしばしば。

でもこの埋まり毛、暇潰しにはなりますがやはり嫌ですよね。なんとかならないものですかねぇ~。